2012年2次再現答案:事例3

TACの模範解答を確認、事例1と事例2の第3問・4問は
マズイ解答になってしまいました。

事例3で踏みとどまりたいですが・・・。

第1問
X社との取引を確保し、社長の勤務時代に加工ノウハウから
加工技術を向上させ、少品種多量生産体制を構築して高い
生産性を実現できた。そのことによってX社以外の食品スーパーや
外食チェーンとの取引を拡大し、成長できた。

第2問
課題は週2回に顧客の配送センターへの配送をするために
適正な在庫量を実現することである。改善策は毎月20日に作成
される固定的な生産計画を改め、作成の期間を短サイクル化する
ことで、予測期間を短期間にし、精度を向上した予測によって生産
計画を作成し、製販で共有し都度修正する。
⇒適正ロット入れたかったが、字数足りず。
  あとは「課題表現」に気をつけました。
  「問題表現」になるとほとんど点は期待できないでしょう。

第3問(1)
盛り付け前までの直前加工を行なうため、見た目を考慮した
加工技術の向上を図るため、改善能力を活かして盛り付けの人材
育成を図る。

第3問(2)
トレーサビリティに必要な製品毎の生産地や購買ルート等の情報、
前日発注・翌日全店直接配送に必要な店舗の在庫、メニュー、
納入ルート、C社の稼働状況などを共有し管理する。

第4問
製品の性質上設備を洗浄する必要があるが、作業者毎に洗浄
方法が異なるため、準備の度に現場が混乱し無駄が生じている。
そのため、C社として設備の取り扱いや洗浄方法をルール化する。
また、販売量の下位の製品を対象に製品品目を絞り込み洗浄による
余分な労務費を削減する。

以上です。

第2問と第4問の根拠対応を悩みました。
顧客がからんでる方が優先だろ・・・。とのことでぞれぞれに対応付けました。
図とか一杯ありましたが、結局は例年と傾向は変わっていない感じ。
[PR]
by syunkeita | 2012-10-24 12:40 | 2012年2次再現答案


後ろ向きな時もあれば、前向きな時もある受験生ブログです


by syunkeita

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
診断士
簿記
経済学
財務・会計
企業経営理論
運営管理
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・政策
2次全般
試験・テスト
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
2010年2次再現答案
2012年2次再現答案

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

中小企業診断士になろう!!
 
激走!G ~略して激G!!~

リンク

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

受験・勉強

画像一覧