中小インプット終了

今週は中小のインプットが終わり、中小の模試の復習に入りました。

毎度のことながら、小売、卸、製造の販売額や事業所数などの表を
覚えるのが億劫です。

これだけで何時間、何日かかることやら・・・。

他の教科はグルグルと回して、忘れてる部分を補充。



それにしてもピン大遠いわ~。
[PR]
# by syunkeita | 2012-07-22 04:26 | 中小企業経営・政策

受験票到着

今年の1次の試験会場は桃山学院大学でした。
遠い~。
1時間半はかかるなぁ。
駅からタクシー乗った方が良さそうです。

言ってもしょうがないんだろうけど、遠くから受ける人のことも考えて、
もっと交通利便性の高いところにして欲しい。

試験会場とか全く見てなかったから、受験票を見てビックリ。
勝手に近大か大商大と思っていました。
めっちゃ憂鬱です。

勉強の方は、あとちょっとで中小のインプットが終わります。

TAC模試の復習をして、とっておいた中小の答練をやって、
各教科の過去の答練をやりつつテキストを回して、仕上げます。
明日から試験まではTACの自習室にこもります。


と、1次は良いのですが、
2次のマーケティングの勉強方法を考え中。
現時点でその方法が全く閃かない・・・。
自力で方法を見つける事が最適なんですが、道が開けるような感じの方法が見つかりません。
このままでは不味い。
組織・人事の事例と同じ様な解答プロセスを試したら模試で9点・・・。
かなり焦ってます。
焦りはありますが、今は1次に全力投球ですね。
[PR]
# by syunkeita | 2012-07-17 01:36 | 試験・テスト

1次受けます

今年も1次を受けるため、昨日と今日とでTACの模擬を受けてきました。

・・・とその前に滞っていた2次実力チェック模試から。

事例1,3,4は5割、事例2がなんと9点でした。

事例2の平均点が29点だったことを考えると非常に難しい問題だったと
言えますが、9点は頂けません。

しかし、あえて言いますが、どうも事例2は採点基準が厳しすぎる感があります。
私の記述では問題2の問題要求には答えているにも関わらず0点でした。
「顧客の手間」を答えていないので満点ではないのは理解できますが、
問題要求である顧客の手間の削減に寄与しているモノは記述しているのに・・・。
採点者によっては加点されているのではないかと考えています。
そういう意味では非常に疑問が残る結果ではありますが、
何と言っても点が低すぎることを考えると、本番までに事例2を強化しなくてはいけません。

事例1、3に関しては答える手順が安定してきた手ごたえを感じています。


さて、1次の模擬試験ですが、2日間を終わり、予想通りの出来でした。
経済と財務で5割
経営と運営で7割
あとは中小がどれだけという感じでしたが、あえて勉強をしていないことを考えると
こんなもんということで4割。

今後は中小も本格的にやっていけば、合格ラインには届くでしょう。
[PR]
# by syunkeita | 2012-07-01 19:17 | 診断士

2012年2次実力チェック模試:事例Ⅰ

当日の考え方を整理します。

事例Ⅰ

いま取り組んでいるプロセスとして、まず頭の真っ白な状態で本文を読みました。
課題、問題、強み、脅威など整理するにはこの手順の方が良いかもしれません。
(少なくとも事例Ⅰに関しては)

第一問  
問題要求は「A社が高収益である理由について」
しかし、A社の事業展開を踏まえて記述することが求められていました。
難易度:中
まずはA社の変遷とそれに伴って培われた強みを整理します。
強みは「開発力」と「能動的な取引」と考えました。
開発力は本文の「独自の製品開発~」、「開発した電子部品が採用~」などが根拠となります。
その開発力をどう活かすか?について考えます。
開発力の活かし方については「顧客企業の製品開発段階からの参画」が該当するでしょう。
これを「能動的な取引」としました。
創業から独自に開発ノウハウを蓄積し、顧客の製品開発段階からの参画によって
A社に有利な条件での取引が可能である。
とまとめました。

第二問  
問題要求は「X社を買収したねらい」
難易度:中
課題とあわせて考え、内部化による取引コストの削減と部品の安定供給。
技術の取り込みによる競争優位性の構築としました。

第三問  
問題要求は「製造現場におけるチーム制導入のねらい」
個人評価を改めてとあり、個人評価では弊害が生じていると推測できます。
また、課題とあわせて考える必要もあります。
課題は当然ながら高齢化する製造現場の対応です。
ねらいは「技能の継承による高い製造技能の維持」としました。
後はチーム制導入によるメリットとして、業務意欲の向上、円滑なOJTが図れるなど
を記述しました。
が、これでは言葉が足りませんでした。
「責任の共有によって」この言葉が足りないばかりに独りよがりな解答になっています。
反省です。

第四問  
問題要求は「国内工場と海外工場の関係をどのように構築するか」
難易度:中
ここでの課題は「高付加価値製品の開発とコスト低下」です。
となれは国内工場をマザー工場とすることは考えつきました。
それに伴って海外工場は標準品を全般的に製造し、全社的なコストを低下させるとしました。
さらに海外工場の製造技術を向上させるために、定期的に国内外で交流を計画する。
関係を問われ簡単な標準品以外の標準品も海外へ・・・と考えましたが、解答では
高付加価値製品も含めて海外への製造を促すとあり、筋が違った解答となっています。
マザー工場の意味を再確認し、今後はこのようなミスを起こさない様にしまければいけません。
これば知識不足からきた減点です。

第五問  
問題要求は「リスクマネジメントシステムの導入についてのアドバイス」
難易度:難
制約条件として、資金的な制約がありました。
マネジメントですので、ここは正論で攻めました。
「リスクの把握、分析、リスク対応の優先順位決定、優先度の高いリスクから対応」
という流れで記述。

難易度は「中」が問題1~4で「難」と感じたのが問題5でしたので、問題1から
順番に解いていきました。

解答を見るとどうしても自分の記述と違うところが目立ち、
得点もあまり伸びないと思っています。
でも解答作成のプロセスや考え方に関してはもうちょっとで・・・の手ごたえを感じています。

それにしても事例Ⅰが終わった段階で既にやりきった感が・・・。
これをあと3回繰り返すと思うとゲンナリでした。
久しぶりの4事例はキツイ。
[PR]
# by syunkeita | 2012-05-08 04:21

2012年TAC2次実力チェック模試

昨日、実力チェック模試を受けてきました。

事例Ⅰが終わった時点で頭を使い過ぎ、体力的な限界を感じてしまいました。
4事例が終わった時は身も心もヘトヘトになりました。

明日もあるようなので詳しくは後日振り返るとして、
感想としては4つの事例の中で事例Ⅱが難しかったです。

根拠の切り分けにかなり時間を使いました。
[PR]
# by syunkeita | 2012-04-30 00:40 | 試験・テスト

事例3

事例Ⅲは生産事例ということでやっております。

事例毎に取り組み方が違っていますので今日はその整理をします。

・問題点は「Q.D.C」に結論付けることが多い
・部署毎の人数や年齢にバラつきないか
・強みは「販売面」「生産面」から考えてみる
・製造工程は図にして整理する
・生産方式を確認する
・外部環境を確認する
・工程毎や部署毎のボトルネックを確認する
・独立系?下請系?を確認する
・製品アイテム数、種類などを確認する

と、思いつくことをダラダラ書きましたが、もっとあるでしょう。

ここまで抜き出しできれば後は各問題や課題とその根拠となるような事を
つなぎ合わせて、かつ設問毎の関係性を整理し、解答を書く。
前にも書きましたが、現時点では設問を本文の後で確認するようにしています。

こんな感じで勉強しています。

ただ、どうしても解答を書く段階で余りにも問題に引っ張られ過ぎてしまう
クセはなかなか直っていません。
木だけを見てしまいます。
これを克服しなければ、どうしても独りよがりな解答になり、事故に繋がります。
[PR]
# by syunkeita | 2012-03-20 08:44 | 事例Ⅲ

ちょくちょく更新しようと思います

更新が滞っておりましたが、
もうちょっと頻度を上げていこうと思います。

自分の事例問題の弱点はわかっています。
事例2です。

合格者は当然6割を超えるであろう事例で
受験者が総じて得点しなければならない、得点しやすい(と言われている)
この事例では1,2つのミスが不合格に直結します。
どうしれば安定して6割(以上)とれるのでしょうか?
とりあえず事例2を解くにあたっての取り組みをまとめます。

・本文より事例企業の方針や課題、問題点を抽出する
・本文よりニーズや需要を抽出する
・本文、問題の時系列を整理する
・競争先とのサービスや品揃えを比較整理する
・品揃えは何を削減し何を強化したのか?またその根拠(ニーズや強み)と
 その結果までを整理する
・新規事業も同じくニーズと強みと結果(経営方針の達成や課題解決など)
 や既存事業へのシナジー
こんなものでしょうか。

あとは解答の考え方の切り分けがミソですね。
・新規なのか既存顧客なのか
・新規事情なのか既存事業なのか
・販売促進の仕方などなど・・・
このあたりが弱点と思っています。
考えている内にどうしても本文から離れ、自分の考えに引っ張られてしまいます。
解答を書き終えて、見直した時に違和感に気付いて・・・、なんてこともありました。
最初の根拠づけが甘いのでしょうか。
プロセスを見直し、その問題点を早く修正しなければ。
[PR]
# by syunkeita | 2012-03-07 09:49

今年の学習法

思った通り昨年も不合格でした。
今年は最後のチャレンジをさせてもらおうかと思っています。
無理を言って、勉強に専念させてもらう環境になりました。
勉強に没頭し、合格を勝ち取ろうと思います。

さて、現在の学習というと、
2次の過去の模試、演習問題をやり直しています。
もう長年やっているおかげ?ですっかり忘れている問題もあります。
今までのように設問から見るのではなく、本文から設問を想定するというか
頭が真っ白な状態で本文を見ることによって、本文中の違和感、問題対象の
文章をつかむ練習をしています。

今までかなりの2次の学習をしていますので、出題パターンは頭に入っています。
そのため、まずは本文の「ん!?」と思った部分から問題を想定し、根拠となる
部分を整理する学習をしようと思いました。

今まで、設問を追いかける余り、多角的に本文の見ることができず、
結果、論点が一つだけになってしまったり、文章構成に迷ったり、めちゃくちゃ
だったりということを繰り返してきました。
自分の中では新しい勉強方法ですが、視点が広がって、本文の整理が
しやすくなっているような気がします。
[PR]
# by syunkeita | 2012-01-23 18:40 | 2次全般

ご無沙汰です

個人的に環境がかわったこともあって
更新が滞っていました。

どうやら今年もダメそうです。

試験も終わってだいぶ経ちますし
今年は再現答案は作りません。

なんか向いてないのかなぁ~。

もしダメなら、来年は勉強ができる環境を整えて
ラストチャレンジです。
[PR]
# by syunkeita | 2011-11-25 15:03 | 診断士

2次のお作法

今、昨年度の本試験の復習をしています。

ある種の問題を問われる際、反射的に答えなければならない、
考えなければならないことがあります。

企業買収なら、余剰人員の問題とか…。

まあ、一次の知識になるわけですが、
頭の引き出しからの知識の出し方が下手くそになっています。

これは問題をこなしていくのが一番なんですが…。

やっぱり今年も受験校に行こうかな。

でも、一次の点数的に万が一もありえますしね~。
[PR]
# by syunkeita | 2011-08-22 21:21


後ろ向きな時もあれば、前向きな時もある受験生ブログです


by syunkeita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
診断士
簿記
経済学
財務・会計
企業経営理論
運営管理
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・政策
2次全般
試験・テスト
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
2010年2次再現答案
2012年2次再現答案

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

中小企業診断士になろう!!
 
激走!G ~略して激G!!~

リンク

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

受験・勉強

画像一覧