<   2010年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2010年事例Ⅳ

最後の事例です。

第一問
売上高営業利益率:5.00%
長所は技術開発と設備投資による高品質・高
収益の製品によって受注を確保しリストラク
チャリングによって費用を抑え収益性が高い。

総資本回転率:1.31回
長所は売上高の安定に加え、大規模なリスト
ラクチャリングによる遊休資産の売却を実行
したことで資産効率が高い。

当座比率:89.66%
短所は技術開発費や支払利息などを借入に依
存しており、その支払い源泉である当座資産
が不足しているため、短期安全性が低い。

・本当に対応に苦慮しました。
 今年の出来からこの経営分析である程度の点数を確保できなければ
 いけないと思っていましたので・・・。
 どっちどもとれる本文の根拠、他社よりも軒並み良い経営指標・・。
 かなり難しい問題でした。
 一番迷ったのは、資本回転率です。
 数値は良いが、設備の稼働の余裕をどう解釈するか・・・。

第二問
設問1
①3279.41百万円 ②3827.57百万円

設問2
納入価格30%引き下げた場合を受け入れる。
理由は20%引き下げの場合は安全余裕率が負
となり、利益も負となってしまうため。

第三問
(A)
331.04百万円
(B)
3288.68百万円

設問2
設備投資を実行すべきである。理由は損益分
岐点売上高が低下し、NPVが正となるため
である。

第四問
設問1
債権の市場価格が低下し需要が増加する。

設問2
手元資金を金融機関に預金し、分散投資によ
るリスク分散を図る。


以上で再現答案は終了です。
第二問の計算ミスは悔やんでも悔やみきれません。

はっきり言ってこれで合格は厳しいかもしれません。
でも何とかなって欲しい。
最後の一人でも。という気持ちです。

ここ数日は合否のプレッシャーから体調を崩してしまいまいした。
体のためにもちょっとだけ診断士試験から距離を置こうと思います。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-30 00:52 | 2010年2次再現答案

2010年事例Ⅲ

打ちひしがれた状態で事例Ⅲに突入しました。

第一問
・育成や内製化によって評価を高めた加工技術
・加工技術の供与が可能な取引先の保有
・コスト負担となる部品加工時の低い歩留まり
・取引先の方針にC社が左右される依存体質

第二問
設問1
C社は加工時の歩留まりが悪く、それを考慮
した材料の投入やその後の製造コストの負
担からコスト削減の余地が大きい。その為、
品質保証部を主体として、作業の標準化、文
書化・ルール化によって品質の向上を図り、
歩留まりを向上させ、製造コストを削減する。

設問2

未経験である組立て工程は、加工工数が多く、
高度な技術が必要であるため、更に歩留まり
が低下し、生産が混乱することが予想される。


組立てに必要な技能・技術をY社と整理し、
マニュアル化しておくこと。また、組立てに
適正のある人材を選定し、Y社への派遣に
よる事前の教育を行っておくことで、移管に
伴う作業者の育成期間を短縮する。

第三問
設問1
・設備・従業員の稼働率、負荷状況などの情報。
・受注量や必要な材料の購入量などの情報。

第四問
X社の海外進出に際して、中国では金型技術
が高く評価されているため、C社の金型技術
を活かした、事業展開が可能となる。X社以
外の取引先も開拓し、業績向上を図っていく。
対策は、営業体制の強化である。


なんとも例年とはガラッと傾向が変わり、少ない字数で
答えさせる問題が多いし、また難しい・・・。

本当にセンスのある人か、製造業の人でないとできないのでは
ないでしょうか?と思わせる問題でした。

第一問も例年に比べて配点が高く、かつ根拠が多いことや
字数の短さに苦慮しました。
一転して第2問以降は根拠があるとは思うのですが、
知識の低さから、それが根拠と読み取れず、
私のレベルではこの解答が精一杯でした。

事例ⅠからⅢまで、何一つ手ごたえを感じることなく、
それよりも、今までで一番手ごたえのない状態で事例Ⅳ
に突入するとともに、事例Ⅲの途中から強烈な頭痛とも
戦う羽目に・・・。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-27 21:40 | 2010年2次再現答案

2010年2次事例Ⅱ

第一問
長年の取引による人間関係重視の取引から、
顧客視点に立った精査を行うため、顧客に
もなり得る地元の中高年女性を採用し、従
業員の商品選定から仕入れ先を評価した。

事例Ⅰを思わせる問題でした。
しかも、具体的な根拠は皆無で、想像力が必要な問題という点においても
事例Ⅰのような難問でした。
にも関わらず配点は10点でした。

第二問
高年齢者の単身世帯を対象として、単に商
品を宅配するだけではなく、不安や不便さ
解消相談も行うサービスを提供した。また
安否確認を行う役割を担うことによって、
安心感を提供した。

→ここは高齢者層の根拠は間違いないでしょう。
高齢者の家族をいれとく?と迷いましたが、本文にないことは書かない!
という鉄則を守りはずしました。
しかし、あと一方のターゲットがわかりませんでした。

中高年の女性の根拠はすでに使用済みでしたし、
中高年の女性に何をどのように提供するのかが
本文中にはない。
単にターゲット層のB社での採用によるニーズに合致した品揃え・売り場の
提供による利便性としておけばよかったと思っていますが・・・。


第三問
パートを含めた従業員に対して、透明性の
ある昇給制度を導入し給与体系を見直し、
社員登用制度を導入。

トラブルへのガイドラインを作成し、従業員
に顧客対応の裁量を拡大、アイデアを取り入
れる仕組みを構築。

→字数が制限されていたので、やったことのみを端的に抜き出しただけの対応です。
なんのひねりもありません。
本当は何の能力が向上したのかまで書きたかったのですが・・・。

第四問
新たにグリーンポイント制度を付加し、ごみ
の持参やレジ袋辞退による、ポイント割引き
の提供。

生ごみ持参やレジ袋の有料化による地元自治
体へのB社を通じた寄付による環境への貢献
とごみ費用の軽減。

→ポイントカードの何の機能を強化したのか?グリーンポイントの追加は
すぐに解りましたが、もうひとつがわかりません。
時間もない中で、結論ありきで解答しました。

第五問
生ごみやペットボトルなどの店舗での回収を
通じて、顧客の来店動機を高め、来店頻度の
向上を促すことで業績向上を図ることである。

生ごみを処理するシステムの導入に伴う堆肥
の農家への無償提供によって、有機野菜の仕
入れ先を確保し、店頭販売によって、大手ス
ーパーなど競合先との差別化を図ることであ
る。

→第五問の二つ目の解答はほぼ内容そのままで第二問の2つ目の
解答としました。
2つの視点に迷いに迷いました。
なかなかしっくりといく切り口が見つからず、とりあえず書きだした。
という内容となっています。
ここについては既存顧客の愛顧向上と新規顧客の取り込みと分けて書いたらよかったのかと
終了直後に頭に浮かび、後悔の念に包まれました。

この事例Ⅱは一番パニックに陥ってしまい、再現率も低いです。
自分でも何を書いたか、覚えてない部分もありです。

今年の事例問題は一貫してそうですが、設問要求の解釈から
この部分は本文にあるだろうここでは点を取ろうと思って本文を読みに行っても根拠が
ない場合が多く、対応が困難でした。

事例Ⅱが終わり、長い、後悔の休み時間が始まりました。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-26 22:16 | 2010年2次再現答案

2010年2次事例Ⅰ

正確ではないですが、自分の解答再現メモを残しておこうと
思います

第1問
設問1
A社は2次問屋との取引が1000件を超え、親睦組織の設立に
よってそのネットワークを盤石とすることで、仕入れと取引先へ
のタイミングの良い取引が図りやすく、事業基盤を安定できるから。

設問2
相場価格で買い、それを売るといった単純なビジネス・スタイルで
あったが、砂糖の利用頻度・保存性から顧客の価格志向・小口配送
といった要望の高まりと高度な物流機能を持つ大手商社の参入で困
難となった。

第2問
設問1
目的は2次卸の買収によって、拠点数を増やし顧客の要望である価
格対応や小口配送の頻度向上を図るため。また、2次卸の救済によ
るネットワークの更なる関係強化である。効果は、顧客対応の強化
による大手との差別化である。
(字数超過ですがこのようなことを書いてます)

設問2
メリットは、買収先の人材、ノウハウ、販路の利用による早期の事
業立ち上げが可能であること。拠点数の増加による顧客要望対応が
可能であること。デメリットは、人件費など重複したコスト負担で
ある。

第3問
大手との競争、顧客要望の高度化などの中で、買収を進めてきたこ
とによって、増加した人材の新陳代謝が可能となり、人事評価を進
める中で適材適所の配属を行える。一方で意欲低下、ノウハウ流出
に注意する。

第4問
食品以外の商材に手をのばすべきではない。理由は、食品の仕入れ
ルートの強みを活かすことができず、競争に巻き込まれること。砂
糖の自社加工といった新事業に成長の余地があり、経営資源の投入
が必要であるから。

今回は本当に時間がなく後半になるほど明らかに解答の精度が落ちて
しまっていると反省しています。
例年のような難易度には感じませんでしたが、本試験独特の雰囲気に
慎重になりすぎ、書き直しが多く、時間がなくなってしまいました。
文中の「物流センター兼視点」も使わず、自社加工の使い方も違う
ような気がしたまま、試験終了となってしまいました。
この内容でおこがましい限りですが、ギリギリでも良いのでなんとかなって欲しいです。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-25 23:03 | 2010年2次再現答案

2010年帰宅

いま家につきました。
感想を簡単に残しておきます。

【事例Ⅰ】
極度の緊張の中スタート。
例年のような訳のわからない第一問ではなく
久しぶりに単純(ちょっとひねってはいるものの)な
SWOT分析でした。
商品特性っていう聞き方、好きですねー。
これについては訳解りません。
ほぼ無視して、環境変化での事業継続の難しさに重点を置きました。

あとは、相変わらずの根拠の薄さ。

【事例Ⅱ】
同じことを聞きまくり。
根拠の重複で対応。
結果、得点は伸びていないでしょう。
あと、もっと新規顧客の取り込み・既存顧客との関係性構築
の視点をもって対応すべきであったと猛烈に後悔しています。
もっと設問における要求を想像するべきでした。
事例Ⅱの対応のまずさには、結構引きずってしまい、今も・・・。

【事例Ⅲ】
ここにおいても後悔しまくりの解答となっています。
なぜX社との取引量減少の可能性を海外対応で補完とかの考えが
その時に書けなかったのか・・・。
字数も極端に少なく、書きたいことがなかなか書けません。

【事例Ⅳ】
経営分析は今年も長所・短所を聞いてきました。
しかも、本文をざっと読んだだけでは指摘すべき指標が解らない・・・。
CVPがしつこくでたり、計算も相変わらずの整理しづらさでした。

全体的にはとにかく時間が足りませんでした。
全然、足りませんでした。
90分あっても足りないと思います。

文章構成もいまいち。字も汚いし・・・。

今年こその思いが強かった分、失敗を引きずってしまっています。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-24 18:46 | 試験・テスト

2010年二次筆記試験終了

平常心を保つことがこれほど難しく思ったことはありません。
これが試験が終わり、最初に思ったことです。

事例が終わる度に、なぜあの切り口で整理しなかったのか。
なぜ問題の要求をうまく把握できなかったのか。
なぜこう解釈しなかったのか。なぜ‥。

なんか悔いの残る試験となってしまいました。

時間も足りず焦りもハンパではなかった。

そのなかで、自分の力が出せたのか?
いや、出したのでしょう。
結果がどうであれ、それが今の実力です。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-24 18:00 | 試験・テスト

2010年ファイナルカウントダウン

今日も自習室で最後の学習。

さすがに最後の方は緊張が高まって、なかなか集中
できませんでしたが、学習計画通りに終えました。

明日は100%の力が出せるよう
落ち着いて、いつも通りにできれば良いのですが。

何回受けても慣れません。

でも、合格したいという気持ちは今までで一番です。

明日は「絶対合格するという気持ちとあきらめない心」を持っていきます。
(でも冷静に)
[PR]
by syunkeita | 2010-10-23 23:16 | 2次全般

2010年カウントダウン③

今日は仕事を休んで自習室で勉強していました。

明日は夕方まで自習室で勉強し、試験の用意のため
帰宅し、早めに休もうと思っています。

ここまでほぼ計画通りに勉強ができています。

明日はこれまでの演習を使って、絶対に落とせない問題の
解答プロセスの定着とこれまで勉強してきた
事例Ⅰ~Ⅳまでの解答プロセスのおさらいと
時間いっぱいまで問題別の解答プロセスの定着、
日曜日に持っていく、事例解答プロセス確認表を作って
今年の勉強は終わりです。

くじけそうになった時には「今年は絶対合格する」と心で、
時には口でつぶやいて自分を奮い立たせてきました。

本試験ではただでさえ難しいのに超弩級な難易度の問題も出題されるでしょう。
いくら勉強しても不安が消えることはありません。
いや、むしろ増す一方です。
それでも本試験はやってきます。
明日まではそんな不安を力に変えて納得するまで勉強し、
明後日は冷静さを保って事例Ⅰを迎えたいと思います。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-22 22:20 | 2次全般

2010年カウントダウン②

今日をもって平成18年度の過去問を終了。
この事例をもとにあと10点対策をたてる。

事例Ⅰ:第2問・第3問で5点の上澄み対策中
    組織図の解釈の一般化

現在第2問の設問1まで復習済み
[PR]
by syunkeita | 2010-10-19 23:15 | 2次全般

最終週の計画

最後は過去問を使用しながらまとめていきたいと思っています。

月・火:過去問
水・木・金(午前):解いた過去問の復習で
         あと10点の考えた方を整理
金(午後)・土:演習を使った得点すべき問題の解答プロセスの整理、
        今まで整理した解答プロセスの復習
日:本試験

今週の目標学習時間:18時間
(月~土まで)

事例毎の解答プロセス
難問対応の解答プロセス
得点すべき問題での解答プロセス
事例Ⅳの復習

今年の学習はこれらに重点を置いて学習してきました。
今までは解答パターン化に重点を置いていました。
結果、ハマった時とそうでないときの差が激しく、リスキーな
解答になり、得点が安定しませんでした。
結果、不合格が続いています。

今年はこれを改めて、もっと根本的な部分=解答プロセスを
固める学習に切り替えました。
手ごたえとしては、得点の安定を実感しています。
ただ、なぜか難易度に関係なく安定しています。
難しくても45点、優しくても45点。

優しい時の点数の伸び悩みは得点すべき問題での低得点で
-10点と差が開いていることは明白なので、本番に向けて
この差を埋めるべく最後の時間を使って行きたいと思っています。

あと一週間で合格レベルに仕上げます。
[PR]
by syunkeita | 2010-10-17 23:21 | 2次全般


後ろ向きな時もあれば、前向きな時もある受験生ブログです


by syunkeita

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
診断士
簿記
経済学
財務・会計
企業経営理論
運営管理
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・政策
2次全般
試験・テスト
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
2010年2次再現答案
2012年2次再現答案

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

中小企業診断士になろう!!
 
激走!G ~略して激G!!~

リンク

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

受験・勉強

画像一覧