2008年事例3再現

第一問
(a)
金型の複数取りやコスト低減などの提案力
(b)
国内需要の縮小、取引先の海外移転に伴う金型の現地調達という
変化の中、豊富なノウハウを生かした取引先の生産性を向上させる
提案と対応させた製品により競争優位の構築を図る。

数ある強みの中で、どれをとるのか?どう編集するのかに
時間を取られる。考えている中で「経営資源」のキーワードを
スッカリ忘れ、解答のくくりを「提案力」としてしまった。
bは外部環境⇒内部の強みを記述し、経営戦略に関連して
競争優位の構築を記述した。

第二問
(1)
自動車分野における部品共通化や海外移転による現地調達
により、金型需要が低下している。一方で有力企業には注文
が集中する傾向にあるため、大型金型製作要請に対応を
集中注文の機会として認識すべきである。

第一問の外部環境とかぶりまくり、だが第一問の方が自信ない。
時間的な制約もあり、あえて重複した解答とする。

(2)
C社は小型・中型までの金型製作に対してノウハウ、設備で強みを
持っている。今後は大型の生産効率の向上が課題である。
全てを外注化として対応するか、一部自社生産によりノウハウ
を蓄積するかを受注量により検討する。

大型金型にたいする対応だが、どうすべきなのかの方向性を
本文から抜き出しができなかった。とりあえずは、現状と
課題である大型製品の生産性向上を記述した。

第3問
短納期化のための外注先とのデータ共有により、
生産の進捗状況や顧客要望の随時確認が可能となり
外注先を含めた全体的な生産状況の把握が可能である。
結果コスト低減と品質向上が期待でき、更なる受注増加に
対応できる体制構築が実現できる。そのために必要な受注量
納期・納期先、生産進捗、稼働状況などのデータを一元管理する。

生産面⇒QCDの向上を結論とした。

第4問
ベテランの熟練作業員とのOJT教育にに加えて、現ノウハウの
マニュアルの作成により育成を図る。
結果、高い技術でありながら、短納期体制を実現し
グローバルな評価の更なる向上を図り、受注増加による
収益向上が可能となると考える。

育成方法は「OJT」と「ナレッジマネジメント」を記述
経営戦略への寄与は収益向上とした。

自分的には今年の事例3は難易度高い。
ここまでの事例の難易度から、事例4は非常に
対応が難しい問題が出るのでは?との思いに駆られる。
[PR]
by syunkeita | 2008-11-03 00:55 | 試験・テスト


後ろ向きな時もあれば、前向きな時もある受験生ブログです


by syunkeita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
診断士
簿記
経済学
財務・会計
企業経営理論
運営管理
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・政策
2次全般
試験・テスト
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
2010年2次再現答案
2012年2次再現答案

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

中小企業診断士になろう!!
 
激走!G ~略して激G!!~

リンク

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

受験・勉強

画像一覧