TACメソッド&年内終了

昨日は「TACメソッド」という講義でした。
予想通り2次試験の対策・TACの考え方を説明するという内容でした。
2次に向けての学習方法など非常に役に立つ内容でした。
学習の方向性は明確になりましたが、間違った解答に対して何故そうなったのか?
を徹底的に分析し、正解と比較していくという作業に莫大な時間が掛かってしまいそうです。
2次に通らなければ、意味がないと分かっていつつも、1次の合格を勝ち取らなければ
もっと意味がないわけで、自分としてはなんとしても1次通過に全力を傾けています。
初歩的ですが来年は時間割を作って学習を進めることにします。

講義中にちょっとだけ触れてたことで印象に残ったことがありました。
「松下電器産業は一体どうしてしまったのか?」
ということです。
折角、社長の意思決定により、事業の撤退を決めたのに、その意思決定自体が
既に遅すぎたことで今の事態になってしまいました。
ストーブの事故自体は全シーズンに判明していたのに、どこで判断を間違ったのか?
研究する必要があるのではないか?
しかも死亡事故を起こしているにも関わらず、社長が表に出ないのは?
と私だけでなく、皆さんが疑問に思っているような事をズバっと見解を含めて仰っていました。
改めてこの出来事は企業経営にとって一大事であると認識しました。

しかし、年末にあの不気味なCMはなんとかならないでしょうか?
しょうがないとは言え非常に不快ですよね。
深夜に突然あのCMが流れるとゾクっとします(怖がりなもので・・・)。

今年の講義はTACメソッドにて終了です。
上級コースは特に自身の学習方法の確立が必要と感じています。
徹底的に過去問とTACの問題を繰り返し、出題の匂いを嗅ぎ付けて効率的に
勉強していこう!!という思いです。
[PR]
by syunkeita | 2005-12-19 10:44 | 診断士


後ろ向きな時もあれば、前向きな時もある受験生ブログです


by syunkeita

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
診断士
簿記
経済学
財務・会計
企業経営理論
運営管理
経営法務
経営情報システム
中小企業経営・政策
2次全般
試験・テスト
事例Ⅰ
事例Ⅱ
事例Ⅲ
事例Ⅳ
2010年2次再現答案
2012年2次再現答案

以前の記事

2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
more...

フォロー中のブログ

中小企業診断士になろう!!
 
激走!G ~略して激G!!~

リンク

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

受験・勉強

画像一覧